スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
『再婚生活』を読んだよ。
評価:
山本 文緒
角川書店
¥ 1,470
(2007-06)
きっかけ:
たぶん宮崎哲弥さんの書評を読んだから。だったかと。
山本文緒ファンですし。

あらすじ:
仕事で賞をもらい、山手線の円の中にマンションを買い、再婚までした。
すべてを手に入れたかに思えた時、重度の抑鬱状態に陥った。
望んだ再婚生活なのに、心と身体がついてゆかない。
家族や友人、仕事のはざまで苦しみ抜いた日々。
病んだ心が緩やかに再生してゆく山本自らの体験を描き、
雑誌「野性時代」連載時から大反響の日記が、いよいよ書籍化!
(WEB KADOKAWAより)

よかった:
全編日記ですが、文体がスッと入ってくる感じで、読みやすいです。
山本さんの日常の考えとか、作家さんの生活とか
垣間見れる感じで興味深かったです。
病気のことも共感できる部分ありますしね。

あんまり:
どっちかと言うと闘病記で
再婚生活に焦点は当たってないように思えました。
あと日記なので、当然オチはなく。でも救いがあるからいいの。

総評:
率直に、この旦那さんはよい旦那さんだと思いました。
鬱病って、病気に理解があるだけでも素晴らしい人だと思えてしまう。
それぐらい二次被害や間違った情報が多い病なので。
私はこの本読んで、結婚っていいものだなと感じましたよ。

JUGEMテーマ:読書


| 閲覧記録 | comments(12) | trackbacks(0)

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
OTHER


MOBILE
qrcode